So-net無料ブログ作成
検索選択

今、栄えている会社・・・10年後も存在していますか? [図書紹介]

みなさん、こんにちは!

進学塾インサイト 北赤羽校教室長です

ここ最近ずっと雨降ってますね

洗濯物の干せない・・・

部屋はジメジメしている・・・

クセっ毛の人は毎朝セットを・・・

といった様々な悩みがあると思いますが

気持ちだけは明るくいきましょう!

病は気から、なんていいますしね!









さて、今日はいつもとは趣向を変えて

図書紹介をしたいと思います

今回紹介する図書はこちらです。




稼ぐ力.jpg





稼ぐ力 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方  (著)大前研一

という書籍なのですが

皆さんは就職活動の際に

一体どのような会社を志望しましたか?

きっと聞いたことのある社名の会社も

志望したと思われます。

さて、その会社

10年後も存在していますでしょうか。

10年後も今と変わらず、皆が知っている会社で

あり続けるでしょうか?

確実に「はい」とはいえませんよね。

テレビなどよく、

年商〇〇〇億円のあの会社は今!?

なんて特集されるように

「今」名前が通っているからといって

10年後も今と同じか、なんていうのは

決して誰にも保証できないんですよね。

では、私たちはどうしたら良いのか

一言でいえば「慢心しない」ということですよね。

業績がある程度の所までいけば

いままでの通りの平均点の仕事を続けていくだけで、

確かにしばらくの間は業績も今まで通りの運びを

していくかもしれないですよね。

しかしながら、ライバル会社や同業者の新規参入、

時代の流れにより、今まで平均点をとれていたものが

とれなくなっていけば業績はどうなるでしょう?

間違いなく右肩下がりになっていきますよね

そのため何をしなくてはいけないのか

会社の損得を考えつつ、常に新たな計画を考え、

時には常識にとらわれず、他業種も見習い発展していける

計画を考えていくことが大切ですよね。

しかし、言葉では簡単に言えますが

実践するとなるとやはり難しいですよね。

そう簡単にアイデアが浮かべばどの会社であって

発展していくでしょう。

この本には、会社や個人が「稼ぐため」には

どうしたら良いのか

どのような考え方をすればよいのか

記載されています。

是非、興味のある方は

一度手に取って見て下さい。